車のマフラーに穴が開いた場合、ほとんどの人は修理工場に交換を依頼するでしょう。もちろん、それがだめと言うわけではありません。しかし、修理工場でマフラーの交換をすると、かなりの金額がかかります。穴程度なら、DIYで修理することが可能です。しかも、かかる金額は1000円程度なので、とても財布に優しいと言えるでしょう。マフラーの穴をふさぐのに必要なものは、耐熱性に優れたパテとアルミテープです。穴が大きい場合は、アルミテープではなく、金属板か金属網を使いましょう。穴の上にそれらを当てがって、その上からパテを盛って処理をします。これだけで排気ガスが漏れることがなくなるので、安心して運転できるでしょう。耐熱用のパテは乾くのが遅いと言われていますが、そんなことはありません。マフラーを暖めれば30分ほどで乾きます。

車の修理の金額はいくらまで出せるのか。

車の修理の金額は、いくらまで出す事ができるのかと問われると、50万以上する場合には、これは新しいものを購入という気持ちになります。この値段になってくると、中古でもっといい状態の車を手に入れる事が出来ます。外車の場合は、これくらいの費用がかかってくることも想定しておく必要があります。なので、もともとの車をいくらで購入したのかという事も大事です。その車の代金と、車へのおもい入れがあるならば、これくらいの金額まで払うこともあります。新車で購入しても、かなり年月がたってしまって、車自体にそこまでの金額がつかないこともあります。そうなってくると、修理の費用は多くは出せないです。ある程度の段階までの直しができるのであれば、その状態で乗る事もあります。まだこの車を手放せない気持ちが大きかったら、ここにかけるお金も大きくなります。

車の修理にかかる金額パワーウィンドウ編

車のパワーウィンドウの開閉が遅くなったら、まずは原因を探ってみましょう。ウィンドウレギュレーターのグリス切れが原因の場合は、簡単に修理することができます。窓のすき間から潤滑スプレーを吹いてあげましょう。ただ、これでは完全には直りません。あくまでその場しのぎと考えておくことです。そして、パワーウィンドウのスイッチやモーター部分が原因となっている場合は、素人が修理するのはほぼ不可能です。ドアを分解しなくてはいけないので、プロに任せましょう。パワーウィンドウのスイッチを交換するだけなら、2000円から3000円程度の安い金額で直ります。自分で交換できるスキルがあるなら、数百円で済むでしょう。しかし、モーターが壊れている場合は、まるごと交換しなくてはいけません。部品代だけでも3万円程度は必要になります。